スリムなヘッダー画像
HOME > チェックポイント

チェックポイント

チェックポイントの画像オフィスや事務所を新しく借りるにあたって、物件資料によく出てくる用語と設備を中心に解説しています。オフィスビルや事務所でも借りてからの後悔は極力避けたいところ。予算に直接関わってくる部分なので、自社にあわせてしっかりと吟味しないと後で余計な費用が必要になったり、事務所として使用に耐えられないといった事態に陥る可能性もあります。

 

用語

解約予告期間

借主が解約することを通知しなければならない期間のこと。オフィスビルの場合は3ヶ月から6ヶ月が標準的な解約予告期間となります。


フリーレント

貸主が一定期間の賃料を無料にすること。解約予告期間が6ヶ月の場合には、双方の痛み分けのニュアンスを兼ねて3ヶ月フリーレントの場合が多いです。


分割フロア

1つの階数に複数のテナントが入居する形態。当然ながら廊下もトイレも給湯室も共同利用となります。


ワンフロア

1つの階数に1つのテナントしか入居しない形態。ワンフロアワンテナントとも言います。共用部である廊下もトイレも給湯室も専有部分のように使える場合が多いことから根強い人気があります。


家賃保証会社

借主が家賃滞納などの家賃債務の債務不履行をした場合、借主に変わって家賃保証会社が代位弁済を貸主に行います。賃貸保証会社、家賃債務保証会社という呼称を用いることもあって事業用でも一般的になってきました。


原状回復

居住用と大きく異なって、基本的には貸事務所における床、壁、天井、照明の交換、鉄部の塗装などの原状回復費用は自然損耗かどうか関係なく、すべて借主負担の場合が多いのでよく確認しましょう。


保証金(敷金)

預けて退去時に返却されるお金。実務的にこの中から原状回復費に充てられます。


償却(敷引き)

預けたお金のうちで退去時に返却されないお金。保証金100万で償却20万なら80万が返ってきます。


償却(敷引き)スライド

入居期間によって償却(敷引き)の額や割合が変わるもの。短期解約すればほとんど返却されず、長期解約の場合はほとんど返却される場合が多いです。


礼金

最初から返却されないお金。例えば保証金30万礼金20万なら50万預けて30万返ってくるのと同じです。

 

設備

光ファイバー

オフィスの快適なネット環境は仕事の効率化に繋がります。光回線=NTTのイメージ強く、それ以外の回線事業者を希望される場合は入念な確認が必要。また念の為に回線速度も確認しましょう。


個別空調

古い大型物件ほど一括管理のセントラル空調が多いですが、最近の貸事務所ならほぼ個別空調です。セントラル空調の場合は時間外利用の可否や追加料金などの確認が必要です。


機械警備

セコムやALSOKなどの警備会社のセキュリティシステムのこと。大阪では事務所荒らしも多く、貸事務所と言えども安心できません。警備システムとエレベータを連動させて、不在階にはエレベーターが止まらないフロアカット制御があればなお安心です。


専用ミニキッチン

他の利用者との共同利用でなく専用であることが女性から根強い人気設備。同じようにトイレも他テナントと共用で利用より、ワンフロア-で専用のほうが人気。


個別専用トイレ

他の利用者との共同利用でなく専用であることが専用トイレ。さらに男女で分かれているので個別トイレになります。


OAフロア

一時期はは中小ビルでも人気だったOAフロアですが、最近は極薄のフラットケーブルや無線LANの普及で急激に姿を消しつつあります。


24時間利用可能

残業や休日出勤など不規則な出社体制の会社にとって、事務所がいつでも利用できないのはかなり厳しい状況になります。


オートロック

しつこいセールスやオフィスの防犯という意味では効果があるものの、社員だけでなく来客の出入りも制限されてしまうため事業用では一長一短。


電気容量

OA機器も省エネ化が進んだとはいえ、電気容量の確認は忘れずに。電気容量が足りない場合は増設可能なら電気工事などが必要となり、後々多額の費用がかかることがあります。


駐車場

月極駐車料金をどう考えるかがカギ。会員間で特定の自動車を共同使用する法人用カーシェアリングも急激に浸透してきました。


駐輪場

ニーズが高い割に案外少ないのが駐輪場。大阪市では公道などへの駐輪を放置自転車として扱われ、自転車放置禁止区域内ではたとえ短時間であっても放置された場合には即時撤去されます。


携帯電波

繋がって当然の携帯電話も立地によってはエレベーター内や貸事務所内で通じない場合があります。全キャリアの電波状況をチェックしておきましょう。


LED照明

照明のLED化に対し柔軟に対応してくれる貸主が増えてきました。各種センサーで明るさをコントロールするハイテク器具より、紐でオンオフするアナログ的な方が人気です。


ゴミ置場

大阪市内事業用ゴミにとても厳しいです。ゴミ出しの時間制限や分別の程度など物件によって異なるのでしっかり確認しましょう。

 


お問い合わせはコチラ

icon 電話番号 06-6364-8881
icon お気軽にご相談下さい
icon →フォームでのお問い合わせ


ページトップに戻る